[言語:日本語|简体中文]
2015/12/10 王炳華、馬璐両氏が日本視察を行いました
11月10日から14日、国家電力投資グループ董事長の王炳華氏、副総経理の马璐氏、上海電力中国本社董事長の王運丹氏ら三名は、東京で開催されました、日中企業間対話会議に出席するために来日いたしました。 
 
 
 
 
 
滞在期間中、王炳華氏、马璐氏両名は、中華人民共和国駐日本国特命全権大使である、程永華氏を表敬訪問しました。当社の日本市場における活動への支持に対し、感謝の意を述べると共に、国家電力投資グループの最近の活動概況として、原子力発電、及び太陽エネルギーと風力発電に関する取り組みの詳細を伝えました。 
程永華氏からは、当社の日本での活動成果に対する評価と、今後の変わらぬ支持を約束いただきました 
 
 
 
 
 
更に王氏、馬氏両名は、当社社員と座談会の場を設け、社員の日々の努力に対し感謝を述べるとともに、日本の法律を遵守し、グローバル企業としての自覚と管理手段をもって業務に励み、日本社会において価値のある企業となることを要望しました。 
 
 
 
 
 
その他両名は、那須烏山と茨城つくばの発電所建築用地の訪問、東京ではJ-POWER,日立本社、東芝本社の管理者たちと会談をするなど、精力的に活動をいたしました。 
 
TEL:03-6758-7188 FAX: 03-6758-7155
MarunouchiBuilding 32F, 2-4-1 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan